ほっと花屋「フィールド」のあれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS コワ〜イ はなし

<<   作成日時 : 2005/08/26 13:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 みなさま、台風は大丈夫でしたか?特に生産者の方々は気が気じゃなかったんではないでしょうか。何事もないこと、願っていますね。
 台風一過で、またまたあつーく、夏!というお天気です。夏!てこともあってTVではこわーい話、やってますねぇ。
 うちのじゃりーずも大好きで、ひぃひぃ言いながら見てます。
 私も子供の頃は(今はないの。残念!)夢枕に人がたって、彼岸への旅立ちを告げにきたりしたことが何度となくあったし、そのほかにも後で、ぞぉ〜と総毛だってしまう経験をしたことがあるから、このテの話はわりに肯定派。でも、花屋さんやってて「怖い」ハナシって言ったら、やっぱりひとクセもふたクセもあるお客様、それも、ちょっと背中にバックプリントしょってらっしゃる職業の方々かしらん…。

ジャガー、行列
 時は今から14年前。
 秋にオープンした店、初めてのクリスマスシーズン。
 夕闇せまる頃、店にふらりと一人の紳士が。
 「お嬢さん、そこの店先にあるくらいの大きさのクリスマスツリー、家に届けてくれるかい?いくら?え?あそこので1万5千円?ならちょっとキレイにして2万5千、配達代入れて3万、払ってくよ。明日の夜7時までに届けてよ」
 その時、私は不在でスタッフが対応。
 とっても仕立てのよさそうなスーツを着て、出したお財布からがばりと札束を出し、中から、3万支払っていかれた、とな。
 「すっごーくいいカンジのお客様で、ちょっとハデだったけどおしゃれな方だったわよぉ。きっと大和郷のお金持ちなんじゃないかしら」
 そう、フィードの近くには「大和郷(ヤマトムラ)」という、超高級住宅地があるの。田園調布とかと同じ理想のもと作られたお屋敷街。美智子皇后も、ご幼少のみぎり住んでいらしたことがある所。住所もちょうどそのあたりだし…。

 はりきってデコレーションしましたよ。
 とはいっても、あまり安っぽくなってはいけない!と当時はまだ珍しかった輸入物の銀色ラメの模様の入ったガラスボールをたくさん下げて、足元にはホワイトクリスマスを狙って当時、ひっぱりだこだった白いポインセチアまで植えて。完全に予算オーバーだけど、もしかしたらいいお客様になってくださるかも!なーんて…。
 全体的にガラスと白でまとめた、シックで、おっしゃれ〜!なかんじに。
 そして、配達。
 
 行ったとたん、凍りつくわたし…。
 ふつーのお宅なんだけど、玄関開けたら、ふつーのお宅にはないものがずらりと並んでいるじゃない!
 端午の節句時期でもないのに、刀、ずらーり。鎧、大小でずらーり。中央にでっかい家紋。となぜか鹿のアタマ。角つき。
 なんか。なんかヤバクない?
 ご注文主は不在で、出てきたおばあさんに納品書、お渡しして即刻、戻りました。
 ふぅ。汗。
 時、たつこと、小一時間。
 安い給料を補うべく、別のアルバイトに向かったスタッフ。店には私、一人。そろそろ店、閉めよっかなぁ〜、と思っていたら
 パラッパパパパパパー!
 すごいクラクション。
 なに?!なに?!と外を見ると、店の前の十字路になんか車、並んでる…。交差点も無視して。
 へ?
 のこのこ外に出たらまた、 
 パラッパパパパパパー!
えぇぇ!わたし?!しかも、ジャガーだ。車、全部!ひぃ、ふぅ、みぃ。うわ!全部で6台!!!

離婚、決意  ? 
 先頭の車から、出てきたのは(多分)例の紳士(?!紳士?)。うわぁーん!オトコで毛皮のロングコート肩にかけてるよぉん。
 しかも、両脇に、すごーくわかりやすい、胸元はだけた服装のオトコの方、二名つき。
 「おらぁおらぁおらぁ!ねぇーちゃん!なーんであんなツリーなんだぁ?んー?なーんで電気ちかちかも付いてなくて、3万なんだぁ?おちょっくっとンのかいなぁ?あぁ?」
 と、金の鎖の胸元を見せながら、お若い方が大きな声で話すと、
「ま、そういうことだから、すぐにあの目障りなモン、引き取ってくれねぇか。お嬢さん」
 なんてしずかーに、お話になるんですね。毛皮の紳士が!
 ひぇぇぇ〜!だ、だれかぁ〜。涙、ちょちょぎれるぅ。

 もちろん、速攻、引き取りに伺いました。はい。それも、一人で。
 ダンナは「会議中」とかでダメ。(まじぃ?!妻の危機に?会議中?は?離婚だな)
 上に住む舅は、姑が「おとーさん行ったら、刺されちゃうわ!こういう時はオンナがいいのよ。刺されないから」でダメ。(刺されなくても、もっとヤバイことあるだろ?)
 ぐっすん。一人だよぉ。コ・ド・クってこういうことね。
 結局、覚悟を決めてこわごわ引き取りに行ったら、納品のときのおばあさんしかいらっしゃらなくて、ほ!。頂いた代金を置いて、あっさりと何事もなく戻れました。ふぃぃ。

 数日間は、車のクラクションに異様にビンカン。電話のベルにもどきどきしてた。
 周りに聞くと「そういうオドシ方するのは、本当は怖くないから」なんてヘンな慰められ方して。
 でも、怖かったぁ…。
 お花屋さんやっていて、多分、このジャガーのみなさんと同じご職業?というお客様に、何度か遭遇はしましたけれど、こんなコワイのはこれだけ。あとはみなさん、対応はとっても紳士でしたよ。
 まぁ、このときも、もっとしっかりお客様のご希望を聞いておくべき、だったんですよね。
 ハデハデの電気チカチカがいいのか、シックでおしゃれがいいのか…。
 いけません。ちゃんとご要望、伺っておかなくっちゃ。
 ただ、返品!の伝え方が、あまりにキョーレツだったから。ねぇ。


人気blogランキングへ
ランキングに登録しました。よろしければクリックお願いします。

 台風一過だし(カンケーありませんが)思わずネタに詰まって、こんな話になってしまいました。
 ミエミエですね。
 何がコワイって、だからって、こんなことをブログで書いちゃうほうがコワかったりして…。あはは。
 写真は、ダリア。
 こうやってすこしづつ過ぎ行く夏に思いをはせて。真っ赤なダリアもステキです。
 
 
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。私も花屋で働いていたときヤの方たちと接する機会が多く、事務所に集金に行ったり(これがめちゃ怖い)、ヤの親分が胡蝶蘭10本立ちを作れ!と店に入るなり大声で言ってきたり・・・。花屋とその方たちとは近しくなっちゃうんでしょうか!?たはは。
 ぶっちゃけてて、だんなさまのご心配も分かりますが、かなり共感しちゃいました!
piko
2005/08/27 20:51
pikoさん
うひゃあ!嬉しいです。コメント。ありがとうございます。かなりダンナに言われてへこんでいたので。どなたからもコメントなかったら、素直に言うこと聞いて削除するかな、まで思っていたんで。あは。ま、色々なあ経験、しちゃいますよね。
さいとうです
2005/08/28 14:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
コワ〜イ はなし ほっと花屋「フィールド」のあれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる