ほっと花屋「フィールド」のあれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災孤児となってしまったこどもたちに…

<<   作成日時 : 2011/04/07 15:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

 どなたさまか教えてくださいませ!

 震災で孤児となってしまったこどもたちに
 支援をしている団体、ご存知ではありませんか?

 不幸なことに
 今回の震災で
 両親ともなくしてしまったこども、父か母を亡くしてしまったこどもたちを
 支援している団体を探しています。

 今年の母の日に

 ギフトをお求めくださったお客様から頂戴した売上金のうち少しでも
 こういったこどもたちを支援してくださる団体に寄付できないものかと思案中なのです。

 「花風水 祈り」のような全額寄付は
 もうちょっとこちらの台所事情からいっても難しいのですが
 一部でも

 この「お母さん、ありがとう」 と 気持ちを託して贈る母の日の花の一部を

 残念ながら 母を、 父を ひょっとしたらその両方とも亡くしてしまったこどもたちの

 少しでもお役にたてたら、と考えています。

 「花風水 祈り」は日本赤十字社に寄付する予定ですが
 せっかくの「母の日」なので
 もう少し、目的を絞った団体に、と…。

 あしなが育英基金 震災孤児

 でもいいのですが
 もし他にご存知の団体があったら教えてくださいませんか?
 NPO法人でもいいのです。
 でも必ず寄付のお金の行き先を明瞭に開示している団体でお願いします。


 以前、特ダネ という朝の番組で震災から4、5日たったころでしょうか

 母を探している少年と祖父、そして母の姉をリポートしていました。

 瓦礫と汚泥にまみれた街の中をあちこち探し歩いて
 とうとう、少年の母の車をみつけますが
 残念ながら少年の母はその車の中でこと切れていました。

 母の姉は少年に 「いいか、覚悟しとけよ、ちくしょう!」と叫び
 祖父(母の父でしょう)は「ああ、ああ、」と呆然としていましたが

 その少年は黙ったまま
 ちょっとどんな表情をしていいのか自分でもわからないらしく
 リポートをしている笠井アナウンサーに
 はにかんだような困ったような、そんな曖昧な笑顔さえ浮かべていました。

 あのときの少年の顔が忘れられないのです。
 
 
 きっと同じように
 悲しくて、困ってしまって
 家族全員が無事だったあちら側と、
 一番近い肉親を失ってしまった自分がいるこちら側を分けた一線が理解できない
 多くのこどもたちがいるでしょう。 

 子供のことがどんなに心残りでも
 逝ってしまった多くの親がいるでしょう


  
 母の日のギフト、
 まだ、どんな商品ラインナップにするかも 出遅れてしまってしていないし
 具体的にどれだけの割合で寄付するかも決めきれていないのですが

 少しだけ、残された子供たちにおくれたらいいな、と考えています。


 支援団体、ご存知の方、お知らせください。

 こちらのメールにでも送っていただけたら幸いです。
 hanahana@field-flower.net 

 よろしくお願いいたします。
 

 
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
震災遺児への寄付に…母の日限定ギフト
 「母の日限定ギフト」、今回は先日4月7日のブログhttp://field-flower.at.webry.info/201104/article_3.htmlにも書いたように  ブーケの金額の一部を、被災してしまったこどもたちの支援に寄付したいと思います。  ...続きを見る
ほっと花屋「フィールド」のあれこれ
2011/04/24 09:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
震災孤児となってしまったこどもたちに… ほっと花屋「フィールド」のあれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる